レスベラトロールの運動機能への働き

 

レスベラトロールはサンタベリーやブドウなどに含まれているポリフェノールの一種です。ポリフェノールには高い抗酸化力を持ち摂取することによってエイジングケアやメタボリックシンドロームの予防、認知症の予防などさまざまな効果が期待されています。現在では動物実験の段階ですが、血流を良くする作用や血管拡張作用が報告されているため、この作用を活用する事が出来れば動脈硬化の予防や脳血管障害の予防などさまざまな病気の予防に期待できると考えられています。レスベラトロールの効果として運動機能への働きも挙げられます。レスベラトロールは過度なカロリー制限と同じメカニズムでミトコンドリアの気道と数を増加させる働きが期待されています。ミトコンドリアは過度な運動によって増加し活性化をします。運動だけでなく過度なカロリー制限によっても増加・活性化する事が分かっていますが、レスベラトロールを摂取する事によって同様の働きを得る事ができます。ミトコンドリアを増加させるt事によって運動機能を改善しているのがマウスの実験で確認されています。ミトコンドリアが増加することによって作り出すエネルギー基礎代謝が向上され、その結果運動機能が向上します。

  • 2016/06/06 04:46:06